【重要】代理出産を事実上禁止しようとしている自民党PTに、抗議のメールを送りましょう!
自民党のプロジェクトチームが国会に提出しようとしている生殖補助医療法案は、条件付き代理出産を認めるとは言いながら、その条件というのは、子宮がないこと(子宮があって不妊という人が殆どです)、金銭の授受を認めないこと(ボランティアで代理母になる人を見つけることは不可能に近いです)で、事実上代理出産を禁止するものです。この法律は不妊に悩む人々の最後の望みを断ち切る天下の悪法になります。メディアでは、いわゆる「子供の出自を知る権利」ばかりが報じられていますが、それに誤摩化されてはいけません。現在のような内容での新法案を撤回するように、皆さんの声を結集しましょう。不妊に悩む人々の気持ちを無視した生殖補助医療法など、全く意味がないものです。手遅れになる前に、当事者である皆さん自身が意見表明をしてください。
ここをクリックすると、自民党にあなたの意見を送るページに繋がります。

※インドの情報についてのご注意

▶インド政府は2015年10月28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにしました。これで「代理出産のメッカ」であったインドでの外国人向け代理出産は幕を閉じることになります。
Baby for All ではこれまで、合法的に代理出産が行える国として、インドの代理出産もこのブログでご紹介してきました。そのため、過去記事の中に、一部インドの過去の情報が残っていることがあります。ご注意ください。
また、会員専用ページの内容も、インドの情報が記載されていますので併せてご注意ください。

2018年1月15日月曜日

業者を比較しましょう(1)〜代理出産費用の総額は明示されていますか?

 支払いの総額すら最初に示さない業者があります。
 
 あなたにどれだけの資産があるか、支払い能力があるかを見定めてから、金額提示をするのです。
 中には、かつてインドで代理出産合法であった時に、、アメリカより高額な費用を請求された人もいます。足元を見る業者には要注意です。
 
 Baby for Allでは、費用を透明化しています。資料請求をされた方には、総費用の内訳を明示したものをお送りしています。コンサルテーション費は、契約期間中は追加徴収しません。
 安心してお申し込みいただけます。

2018年1月14日日曜日

iPS細胞で卵子ができた!

すでに新聞報道でご存知の方も多いかもしれませんが
2016年、九州大学の研究で
iPS細胞から、マウスの卵子を大量に作ることに成功した
という報道がありました

これが人間に応用できれば
不妊治療にも期待されます

例によって
倫理の壁は厚いですが
今後もこの研究が進められることに
期待したいです

以下、産経新聞の記事を引用します
2016.10.18 08:54
マウスのiPS培養で卵子を大量作製、九州大が世界初 人で実現すれば「不妊の原因究明に」
 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から培養だけで卵子を大量に作ることに世界で初めて成功したと、九州大や京都大などのチームが17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。この卵子と通常の精子を体外受精させることで、8匹のマウスが誕生。今回の作製方法に磨きがかかれば、数年以内に人の卵子作りが実現する可能性もある。
 これまでの手法では、作製過程でマウスの卵巣への移植が必要で、人への応用につなげるのは難しかった。ただ人の卵子の作製は将来、子の誕生につながり得る技術のため、倫理的な課題も浮上しそうだ。
 チームの林克彦・九州大教授は「不妊女性のiPS細胞を使って卵子の形成を再現すれば不妊の原因究明につながる。体外で大量の卵子を作ることができれば、絶滅危惧種の保護にも利用できるかもしれない」としている。
 チームはマウスの尻尾から作ったiPS細胞で、卵子や精子のもととなる「始原生殖細胞」を作製。その後、さまざまな試薬を用いて培養した結果、特定の条件下で計約4千個の卵子ができた。これに通常の精子を使って約1300個の受精卵を作り、経過を観察した。
©2016 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

2018年1月13日土曜日

母親が白血病になった娘の代わりに 代理出産を

母親が白血病になった娘の代わりに
代理出産をしたというニュースがありました

代理出産を感情的に否定する人や
「倫理」の面で否定する人は多いですが
これについてどのように思うでしょうか

そういう人はPS細胞を難病の治療に使うことさえ
「倫理」的に否定するでしょう
末期がん患者にモルヒネやマリワナを使用することも
否定するかもしれません

しかし、多くの物事には善の側面と悪の側面があり
絶対善でなければできないというなら
医学は進歩しないでしょう

代理出産に躊躇している人の中にも
世間の雑音が気になる人は多いでしょう
代理出産に様々な問題があることは事実です
しかしそれですべてを否定してしまうのではなく
それを必要とする人々の幸福と
代理母になる人の幸福を考え
判断することが必要ではないでしょうか

以下、Livedoorニュースの引用です

【海外発!Breaking News】白血病を患った娘に代わり46歳母が代理出産(豪) 

2016年8月25日 15時50分
Techinsight

 親であれば我が子には幸せになって欲しいと願うのは当たり前のこと。しかし我が子が病に侵され、将来は子供を持つことができないと宣告されたら親としてできることは何だろうか。ある46歳の母親は、我が子のためなら何でもするというその信念通り、25歳の娘に代わって代理出産を決意、無事に“孫”を出産したことが英紙『Daily Mail』で報じられた。
 オーストラリアのクイーンズランド州イプスウィッチに暮らすアリス・ホーヘンホウスさん(25)が、白血病と宣告されたのは4歳の時だった。抗がん剤治療を経て8歳に寛解と告げられるも、9歳に再発。その時に弟のジェームズさん(20)からの骨髄液を移植したことで、アリスさんは一命を取り留めた。
 その後、病を克服したアリスさんだったが、医師に「抗がん剤治療により子宮組織がダメージを受けているために、将来の妊娠は難しい」と告げられてしまう。それでも「子供が欲しい」と望むアリスさんは、23歳の時に奇跡的に妊娠。ところが不運にも、妊娠15週目に流産となってしまった。医師から再度「出産に至るまで子宮の中で胎児が完全に育つことは困難」と宣告された。
 悲しみに沈む娘を見た母親のテリーザさん(46)は、代理出産を申し出た。最初は自分の年齢を考慮し、またアリスさん自身も不安気な様子だったが、子供が欲しいという娘の気持ちを思うとテリーザさんの意思は変わることはなかった。
 早速、体外受精し保存してあった受精卵がテリーザさんの子宮に移植された。幸いなことにテリーザさんはすぐに妊娠し、6月2日に無事“孫”を出産したのである。
 「人生で一番素晴らしい経験だった」と語るテリーザさんは、最高の瞬間をアリスさんと息子のジェームズさんとともに分かち合った。その感動的な出産の様子は、プロの写真家セレーナ・ローラソンさんによって撮影された。
 幼い頃から病と闘ってきた娘を、そばでサポートして来たテリーザさんだからこそ“娘は幸せになる価値がある”と信じていた。アリスさんにとっても「ママになりたい」という夢が自分の母親によって叶えられたという喜びは大きく、親子の絆がさらに深まったようだ。
 産まれた孫はパーカー君と名付けられた。テリーザさんは娘のために、また代理出産をしても構わないと話している。
 ちなみに5人の実子がいるテリーザさんは、過去に50人の里親になった経験もあるという。
出典:http://www.dailymail.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)


2018年1月12日金曜日

代理出産のプライバシーは?

代理出産に臨もうとされるご夫婦が
心配される事柄のひとつが
プライバシーが守られるのかということだと思いますが
これにも個人差があります

例えば、海外で代理出産をするときに
現地のクリニックは
不妊クリニックや産婦人科なので
旅行中の日本人が行くようなところではないですが
同じ日程で代理出産を希望する
日本人と一緒になったらどうしよう?
そういうことを心配される方もいらっしゃいます

かつてインドのクリニックでは
欧米の同じ国から来た人が
明るく未来を語り合う姿が見られました
子供がほしいとがんばってきた
同志だと思えるのでしょう

でも、日本人はなかなか
そこまですぐに
打ち解けることはできない人が多いし
万一どこかで秘密を暴露されたら…などと
不安な気持ちで接することも嫌だというのは
わからないでもないです

Baby for All では
現地で他のご夫婦と顔を合わせたくないという方には
他の方と治療日程が重ならないように
現地の病院とスケジュールを組みます

だれにも知られずに
代理出産という大仕事に
望むことが可能です




2018年1月11日木曜日

代理出産を禁止することは、憲法違反だと私たちは考えます!

自民党のプロジェクトチームが
国会に提案しようとしてる生殖補助医療法案が
事実上代理出産を禁止するものになるであろうことは
このサイトで何度も警告してきました
しかし、子供がほしいという気持ち
子供が得られることで
自分たちが幸福になるのだという気持ちを
法律で規制することが可能なのでしょうか?

日本国憲法第13条にはこのようにあります。

「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

いわゆる、幸福追求権と呼ばれるものです

子供ができなければ、他のことに幸せを求めろという
乱暴な意見をよく聞きますが
当事者が、子供がほしいと思う気持ちを無視して
よくもそんなひどいことが言えたものです

政治家は、子供がほしい人が
幸福を追求する権利を無視することはできないはずです
もちろんそれが、憲法が言う通り
「公共の福祉」に反するなら問題があるでしょう

しかし、例えばインドの例で言えば貧しい家庭の女性が
自らの幸福を追求するために
代理母となって自らを犠牲にすることは
やはり幸福を追求している訳で
それを止めることなど
誰にもできるはずはありません

Baby for Allは、赤ちゃんを授かりたいという気持ちは
日本国憲法が保障する
幸福を追求する権利に合致すると思っています
あなたの幸福を追求する権利を
踏みにじることになる新法案を
そのまま見過ごしてよいのですか?

憲法に守られている
あなたの人権を無視した法案ができる前に
自民党に抗議のメールを送りましょう。

このサイトの左上の方に
自民党へ意見を送る頁へのリンクがあります